鱧と===└|∵|┐トコトコ

hamoagi.exblog.jp ブログトップ

遺伝子検査(PRA)

繁殖する上で注意しなければいけない事はいくつかありますが、
その中の1つに【遺伝する病気】を次世代に引き継がせないということがあります。

我が家で繁殖しているトイプードルという犬種に、
【PRA】という病気があります。
この「進行性網膜萎縮(progressive retinal atrophy)」は、
眼の網膜が変性して萎縮し、視力の低下、やがては失明にいたる病気で、
現在有効な治療法はありません。
この病気、トイプードルの発症年齢が遅いため(6歳以降)、
発症した時には既に繁殖をしているという問題点があります。

でも、この病気の遺伝子検査が近年可能になりました。
progressive rod-cone degeneration=進行性網膜桿状体-錐状体異形成タイプ
(prcd-PRA)
トイプードルの【PRA】のうち75%はこの遺伝子が関係していると言われています。
他の遺伝子型も関係していますが具体的な遺伝子型はまだはっきりしていないようです。

この遺伝子検査で、ノーマル/クリア・キャリア・アフェクティッドが判明します。
□ノーマル/クリア:prcd-PRAには冒されておらず、発症遺伝子はもっていません。
全ての犬に交配が可能です。発症しませんし、次世代にも伝えません。
□キャリア:発症はしませんが、PRAの遺伝子を持っています。
交配する場合「ノーマル/クリア」の犬を選びます。
(生まれて来る子は「ノーマル/クリア」か「キャリア」)
□アフェクティッド:PRAの遺伝子を持っています。発症する可能性があります。
よほどの事が無い限り繁殖には不向きです…。

ただ、あくまでもこれは遺伝子型の話で…
性質や形質つまりスタンダード的に良い犬なのか?と言う事ではありませんけどね。

今回、我が家のプードル達を順番に検査してみることにしました。
詳しくは、後日。
ちなみに、子犬の時に出た判定は一生変わりません。
ですので、将来的には譲渡時にこの検査結果を添付するということになってくるかもしれません。
我が家では、今回から繁殖した子犬のこの検査&マイクロチップを行うことにしました。

※この【PRA】は次の犬種も検査した方が良いと言われています。
ミニチュアダックスフンド(ロングヘアード)、ラブラドールレトリーバー
イングリッシュコッカースパニエル、アメリカンコッカースパニエル
シベリアンハスキー、アイリッシュセッター、ウェルシュコーギーカーディガンなど
[PR]
by hamoagi | 2009-08-10 00:31 | 犬の健康
line

ノーフォークテリアの鱧&エアデールテリアの鯨の日々


by hamoagi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31