鱧と===└|∵|┐トコトコ

hamoagi.exblog.jp ブログトップ

ウエスティ三昧

今日のお客様はウエスティが3匹とM・シュナウザーが1匹でした。
この2犬種、スタンダード的には剛毛が良くて、
それはストリッピングと言われる毛を抜いていくトリミングを行います。
でも、それはそれ。
今日の子達は皆、背中の抜く部分はバリカンで作っています。
ケアンテリアやノーフォークテリアやレイクランドテリアや
ワーヤーフォーックステリアやウエルッシュテリアなどのお客様は抜くのを希望される事が多いのですが、
その点はこの2犬種は別です。
まぁ、雑誌や本などでもシュナウザーはバリカンや鋏カットで登場していますから(^-^)

もちろん、ストリッピングを希望されるお客様もいらっしゃいますよ(^-^)
抜く度合いは皮膚の状態と毛質などを考慮しながら調整しています。

今日の3匹のウエスティちゃんは3者3様の毛質でした。
ただ、皮膚は少し弱いというのは共通していました(T_T)
ウエスティ…皮膚が弱いとかアレルギーの子が多いので有名です。
ウチでは、シャンプー選びから始まり、洗い(すすぎ)、
乾かす際の道具の選択、温度などに気を付けています。
シャンプーは、極力低刺激のものを使用しています(良く泡立てて泡で洗う感じ)
荒い(すすぎ)には、ミニマイクロバブルを使っています。
乾かす時は、あまり高温でなく、背中などはピンブラシか獣毛ブラシを使用しています。
(スリッカーは刺激が強めなので、洗った後だと特に皮膚を痛め易いので)

それから、ウエスティの場合は特に足裏へのバリカンに気をつけています。
足の指の股とかパッド間をバリカン掛ける場合は皮膚を擦らないように気をつけています。
皮膚がただれている場合は鋏で切っています。
案外、足裏ぐらいから皮膚が?って事が多いような気がするので…。

こうやって書いていくと…写真って必要ですね(^-^;
[PR]
by hamoagi | 2010-02-05 20:30 | hamomama・戯言
line

ノーフォークテリアの鱧&エアデールテリアの鯨の日々


by hamoagi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30