鱧と===└|∵|┐トコトコ

hamoagi.exblog.jp ブログトップ

一茶の足

「一茶君」ですが、本日手術しました。

手術は、プードルのショードッグの骨折手術の経験が多い先生にお願いしました。
前足なので、まっすぐに治ってもらわないとショーでは×なので、
そこは慎重に。

術式としては、通常このケースだと「プレート」方式と「髄内ピン」方式の選択ができます。
ですが、一茶の場合は患部が手首に近く、
状況的に「プレート」が選択できませんでした。
(念のために患部を開けて再度確認してもらいました)

「プレート」だとギプスがあまり必要ありませんので、
犬的にはストレスが少ないですし、まっすぐに治せます。
(ただし、プレート除去の再手術が必要です)

「ピン」はプレートに比べれば、
ずれやすいのでギプスをしばらくつけておかねばなりません。
でも、「ピン」の除去は簡単に行えます。

一茶は「ピン」になったので、
毎日のギプスのチェックが欠かせなくなりました。
でも、本人は元気いっぱい♪
自覚が・・・足りません。
ギプスが外れたら、弾けて壊れちゃいそうです(笑)
[PR]
by hamoagi | 2007-10-28 01:18 | 犬の健康
line

ノーフォークテリアの鱧&エアデールテリアの鯨の日々


by hamoagi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30