鱧と===└|∵|┐トコトコ

hamoagi.exblog.jp ブログトップ

トリミング

今日は夜から鱧っちのトリミングをしました。

まずは、本日の道具です。
c0119742_0573299.jpg

(左から マーストリミングナイフ#320 コーム メイソンピアソン)
※メイソンピアソン:写真はエクストラスモールブリッスル(硬質猪毛ブラシ)です。
私は他に、同じメーカーのジュニアミックス(猪毛+ナイロン)も使っています。
剛毛テリアに「猪毛ブラシ」は日常使いにお勧めです。
スリッカーのように皮膚を傷つけることもないので、良いですよ♪
「猪毛ブラシ」は硬めのタイプを選んでくださいね。
色々なメーカーさんから出ていますので、
柄の有無(乾かすのに使う時は有りが便利)などから選ぶと良いと思います。
ちなみに、メイソンピアソンは高いです(゜゜;)
(人間用に売られていますのでHPでも買えますが、
私は海外旅行の際に買ったの気持ち安かったです)

c0119742_0541268.jpg

鱧っち、トリミング台に乗せるとこんな顔をします。

c0119742_0542878.jpg

まずは、【ブラシ】で全身をブラッシングします。
次に、【コーム】で更に全身を梳かします。
そうすると、↑のように細かい下毛が抜けてくれます。

今回は全身を抜きましたが【#320のナイフ】を使って、
毛先をほんの少し摘んで軽く毛並みにそってひっぱって整えました。
*このナイフ、刃がほとんど無いので毛を切ることが有りません。
なので、他のナイフよりも自然に作ることが出来ます。
が、刃が無い=短いので毛の根本を持って引っ張ると根本から短くなります。
普通は耳用ナイフとして使われていると思います。
が、私は最近は普段使いにこのナイフを使っています。

普通は体は【荒目・中目ナイフ】を使うと思います。
(ご自分で抜く場合はナイフは使い方を教わって下さいね。)

その他に指で同じように摘んで抜いています。
普段は、他のサイズのナイフを使うことが多いですが、
時間を気にしないでちまちまと作ることができるので、
鱧は最近はこのパターンです。
欠点は…
時間がかかることと親指と中指を使うのでちと痛くなることですね
δ(⌒~⌒ι)

c0119742_054493.jpg

で、頭&顔になります。
いつもは「額・頭頂・目尻から耳にかけては」短めにスッキリと抜くのですが、
今回は上からつながるように徐々に丸みが有るように抜きました。
若干、いつもよりも毛が長めになります。

c0119742_0551113.jpg

抜いたら、シャンプー♪です。
こう見ると、やっぱり鱧って目が大きいですね( ̄▽ ̄;)
低刺激のシャンプーで洗います。
(鱧っちは【エピスース】です)
シャンプーは、抜く前にする場合は数日前に行うと、
抜く時に滑らなくて良いと思います。

c0119742_0552430.jpg

しっかり、タオルで水分を吸収して、ドライヤーで乾かします。
この時に【ブラシ】を使います。
スリッカーでも大丈夫ですが、使う場合は【ソフトスリッカー】を。

↑だとわかりにくいですが、顔は丸をイメージしてあります。
今日は室内なので、今度改めて撮ってUPしますね。
いつもと、微妙に感じが違う鱧っちになったはず…。
[PR]
by hamoagi | 2008-01-17 22:52 | ノーフォークテリア・鱧
line

ノーフォークテリアの鱧&エアデールテリアの鯨の日々


by hamoagi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30